矢澤歯科院内イメージ
インプラントとは失った歯にチタン製のネジのようなものを歯ぐきに埋め込み、今までの天然歯と同じように機能回復する治療です。今までのブリッジや入れ歯であれば咬む、能力が落ちたり、装着時の違和感があったのですが、インプラントは骨にしっかり結合するので欠損補綴の治療としてはとても有効な治療とされています。

インプラント治療の他の治療との比較
単独歯欠損をしている場合

歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことが出来るので、他の歯を削る必要はありません
単独歯欠損をしている場合

たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、かむ力を支えなければなりません。このかむ力はとても大きなものです。インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります。
単独歯欠損をしている場合

奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取り外しする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取り外さないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。
その日から食事ができる!即日インプラントとは

即日インプラント従来のインプラントの治療法ではインプラント手術を行った後、3〜6ヶ月の治癒期間を待ってブリッジや冠を装着せねばならず、その期間の患者様の身体的精神的負担は大きいものでした。 最新のインプラント治療であるイミディエイト術式(即時加重)によるインプラント手術によって確実な初期固定を得ることができればインプラント手術当日にインプラントに義歯をしっかり固定してその日から食事も可能になります。

※患者様によっては適応できない場合もありますのでまずはご相談ください。

歯を失ってお悩みの方へ
人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生え変わってきません。そのため、今までは『入れ歯(義歯)』などを用いて食事や会話を取り戻すといった方法でしか、その部分を補う事はできませんでした。しかし、『入れ歯(義歯)』だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタガタいってきたりする場合があります。

このように、歯を失ってお悩みの方に、最適な治療方法が『インプラント治療(人工歯根)』です。永久歯が欠損してしまった場合の代わりになるものが入れ歯です。今までは取り外しが可能な入れ歯や隣の歯を削って義歯をかけるブリッジが一般的に使われていました。しかし、今では人工歯根を植えることにより、もとの自分の歯と同じように噛むことができるようになりました。これがインプラント治療法です。噛むことの喜びと、おいしく食事できる喜びを再び手に入れることのできる治療法です。
こんな方へ“おすすめ”
  1. 取り外しの入れ歯が嫌いな人や、その仕事その他の事情で不都合な人。
  2. 歯が抜けた所を治療するために残っている歯を削られたくない人。
  3. 入れ歯で、発音や発声に不便を感じている人。
  4. 総入れ歯が合わず、生活にも支障をきたし、不快感を抱いている人。
  5. 歯周疾患などでたくさんの歯がなくなり、入れ歯を装着すると残っている歯に悪影響を及ぼすと考えられる人。
矢澤歯科 治療メニュー
2014.01.24
当院ではオフィスホワイトニングが5,500円です!詳しくはこちら
2013.02.18
歯科衛生士募集中!詳しくはご連絡ください。
2013.02.10
口臭や歯周病に効果のある次亜塩素酸水(エピオス)を扱ってます。
矢澤歯科QRコード携帯のカメラで横のQRコードを読み取りアクセスしてください。
矢澤歯科医院TOP診療コンセプト院長紹介 アクセス・診療時間院内設備
診療内容インプラント治療審美歯科治療歯周病治療