新橋の矢澤歯科医院のインプラント治療のページです

インプラント治療

咬み合わせを重視した入れ歯治療

インプラントとは失った歯にチタン製のネジのようなものを歯ぐきに埋め込み、今までの天然歯と同じように機能回復する治療です。

今までのブリッジや入れ歯であれば咬む、能力が落ちたり、装着時の違和感があったのですが、インプラントは骨にしっかり結合するので欠損補綴の治療としてはとても有効な治療とされています。

//

歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生え変わってきません。そのため、今までは『入れ歯(義歯)』などを用いて食事や会話を取り戻すといった方法でしか、その部分を補う事はできませんでした。しかし、『入れ歯(義歯)』だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタガタいってきたりする場合があります。

このように、歯を失ってお悩みの方に、最適な治療方法が『インプラント治療(人工歯根)』です。永久歯が欠損してしまった場合の代わりになるものが入れ歯です。今までは取り外しが可能な入れ歯や隣の歯を削って義歯をかけるブリッジが一般的に使われていました。しかし、今では人工歯根を植えることにより、もとの自分の歯と同じように噛むことができるようになりました。これがインプラント治療法です。噛むことの喜びと、おいしく食事できる喜びを再び手に入れることのできる治療法です。

こんな場合にインプラントをおススメします

  • 奥の歯が抜けたため、ブリッジができない。
  • ブリッジにするために、健康な歯を削りたくない。
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
  • 入れ歯にしたくない、不快感がある。
  • 事故などの外傷で歯を喪失した。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット デメリット
隣在する歯を削る必要がなく、健康な歯を傷つけない。 保険適応外なので費用が高い。
入れ歯のような不快感がない。 外科手術をする必要がある。
見た目が自然で美しい。 しっかりメインテナンスをしないと細菌感染のリスクが高まる。
自身の天然歯のような咬み心地を味わえる。 他の治療よりも治療期間が長いことがある。
固定式なのでご自身の歯と同じ様に歯ブラシやフロスでメインテナンスができる。 患者様の身体の状態(重度な糖尿病など)よって治療できないことがある。